NEWS 新著情報

  1. トップページ
  2. 新著情報
  3. 九共大キャンパスと二重の虹

九共大キャンパスと二重の虹

皆さん、こんにちは。
今回は本學の北の空にかかった虹の畫像を紹介します。

 

昨日、11月9日(火)の折尾地區の天気は晴れ時々雨でした。
そんな日の夕方、本學の北の空に大きな二つの虹が出ました。

このような二重の虹は珍しいそうです。
大きい虹は主虹、小さい虹は副虹と呼ばれます。
主虹は、大気中の水滴に太陽光線が1回反射することで現れます。
それに対し副虹は、太陽光線が2回反射することで発生します。
そのため、それぞれの虹の色の並びは、主虹は空側から赤、橙、黃、緑、青、藍、紫の順番ですが、副虹は色の並びが主虹の反対の順番になるのです。

この二重の虹は多くの學生さんも目にし、スマホで撮影していました。
こんな雄大な景色が小さなスマホに収まるって言うのも、なんだか不思議なことですよね。

このようなきれいな景色を見ると、何かいいことが起きそうな気持ちになります。
お互い、11月もベストを盡くして日々を過ごしていきましょう。
《 T.N 》